木庭耳鼻咽喉科医院 コンテンツページ
Home > よくあるご質問 > 耳

耳 (みみ)

4歳の子供ですが、サ行の発音がうまくいえず、幼児ことばも気になります

ことばの発達は、人の話しを聞いて発音を学習します。しかし、ことばの音には発音しやすい音と難しい音とがあります。『サ行』、『ラ行』、『ツ』、が発音しにくい音です。サカナ→チャカナ、センセイ→テンテイ、ライオン→ダイオン、など発音しやすい音に置き換えて発音します。

これらの音がきちんと発音できるのは、6歳後半以後といわれています。

  1. 聴力が正常である。
  2. 構音器官の形態が正常である。
  3. 精神発達の状況は正常である。

これらの条件に問題が無ければ、小学校1年生くらいまでは、幼児ことばが見られても異状とはいえません。

大事なことは無理に矯正しないでください。本人はきちんと発音しているつもりです。

子供が度々中耳炎になりますが

急性中耳炎は、鼻の奥に感染した細菌やウィルスが耳管という鼻の奥と中耳をつないでいる管を通じて、中耳腔に感染した結果炎症を起こしたものです。繰り返し急性中耳炎を起こす原因として

  1. 特に3歳以下の子供は、細菌やウィルスに対する抗体を作る力が弱く、これらの異物を排除できない。
  2. 耳管を通じて、中耳腔の空気の入れ替えや異物を排除したりしていますが、この働きが悪いと、鼻の奥の細菌やウィルスが容易く中耳腔に感染しやすく、急性中耳炎を繰り替えしやすくなります。
  3. 最近、細菌が抗生物質に対して耐性ができ、薬が効きにくくなっています。
  4. 集団保育の低年齢化に伴い、乳幼児に薬が効きにくい細菌が慢性的に感染しており、いったん良くなってもすぐ再感染し繰り返します。

中耳炎になる度に鼓膜切開しますが、大丈夫でしょうか

急性中耳炎は、今までは抗生物質で治っていましたが、子供側の要因で薬だけでは治りがたく、滲出性中耳炎や癒着性中耳炎へ移行し、聴力低下や言語障害の原因にもなります。

鼓膜切開し排膿することは、最も大切な治療です。
切開した傷は、3〜7日で治りますが、2〜3日で閉じてしまうと、中耳炎が完全に治っておらず、再発したり他の中耳炎に移行したりすることが多いようです。この場合も、切開を追加することもあります。
なかには、切開した傷が残ることがありますが、中耳炎で自然に鼓膜が破れそのまま傷が残ることもあり、こういう場合、鼓膜穿孔閉鎖術を受けることで一時的な伝音性難聴は改善されます。

また、6か月に4〜6回の切開を必要とする人は、換気チュウブを切開した穴に入れて中耳炎の予防も考えます。

中耳炎をおこしている時飛行機に乗っていいでしょうか

耳管の働きが悪く、中耳腔の換気、気圧の調節も不完全で、中耳炎を益々悪くする恐れがありますので、飛行機搭乗はすすめられません。
どうしても乗らなければならない時は、鼓膜切開をしその穴から換気をさせた方がいいでしょう。

飛行機に乗る度に耳が痛くなりますが

鼓膜を境にして外耳道側と中耳腔の気圧は、地上では1気圧、760mmHgです。これを一定に保つため、耳管を通じて中耳腔と鼻の奥との間で換気が行われ、聴力の異常、耳閉感に悩まされずすみます。この換気は、あくびや唾のみでよりスムースに行われます。

しかし、鼻の病気により(炎症、ポリープ、アレルギー、腫瘍など)うまく換気ができなくなります。こういう状態で飛行機に乗ると、離陸後短時間で外界圧が0.7気圧くらいになり、中耳腔圧は1気圧、鼓膜は外耳道側へ膨らみます。この時耳痛を感じます。
下降時には、外界圧が高くなり中耳圧は相対的に陰圧になり、鼓膜は中耳腔側へ押し込まれます。再び激痛に悩まされます。耳管の機能が悪いと、あくびや唾のみしてもうまく換気できないようです。

耳の中に虫が入ったらどうしたらいいでしょうか

決して耳掻きや綿棒でとろうとしないでください。ますます虫を奥に追い込みます。

どんな虫が多いかといいますと、ゴキブリ、黄金虫、ムカデ、ダニ、蛾、アリなど経験しました。

耳元に光を当ててもほとんど出てきません。耳鼻科医院がお休みのときは、慌てずにオリーブ油かサラダ油をスプーンに移し、耳の中に注いでください。窒息させ動かなくなったら触らず一晩そのままでも大丈夫ですから、次の日に受診して下さい。
もし耳鼻咽喉科医院が診療中であれば、すぐ受診されるといいでしょう。

たとえ、鼓膜に穴があいていても、油は吸収されませんから、使用しても構いません。
油が冷えているとめまいがすることがありますが、1〜2分で止まりますので心配いりません。殺虫剤や麻酔薬などは使わないで下さい。体に吸収されます。